トップページ > 相続税対策の基礎知識 > 生前贈与の活用

生前贈与の活用

スポンサード リンク

生前贈与とは、贈与者が生存中に、自分の財産を無償で他人に与える贈与を指します。

そして相続税対策では、財産の移転により相続財産を少なくすることと併せて、相続財産の増加を防ぐことも重要となります。

そのため、土地等で値上がりする可能性のある財産を、相続税評価額の低い内に贈与し、相続財産の増加を防ぐようにします。

また賃貸建物を贈与した場合、贈与税の課税価格は、「固定資産税評価額×(1?借家権割合×賃貸割合)」となります。

さらに高収益の賃貸不動産を子に贈与すると、その収益が子に帰属して、相続発生時に納税資金の原資となり、所得税の節税にもなります。

最終更新日:2012/11/17