トップページ > 相続税対策の基礎知識 > 土地の有効活用

土地の有効活用

スポンサード リンク

土地などは、その利用状況により、評価減を受けることができます。

そして所有土地の上にアパートを建築すると、その敷地の利用区分が更地から貸家建付地に変わり、更地の場合より2,3割程、相続税評価額の引き下げを図ることができます。

また宅地などは、更地での評価額そのものが高額なので、評価額による減額金額も大きく、課税価格の引き下げに効果的です。

さらに建物の相続税評価額は、固定資産評価額に相当する金額で評価されますが、貸家については借家権割合が控除され、建物の建築価額の5,6割程の固定資産税評価額となります。

ただし、収益建物の地主が個人か法人か、地主と建物の所有者は同一か否か、またその敷地の貸借関係により、大きく課税関係が異なります。

最終更新日:2012/11/17