トップページ > 相続税対策の基礎知識 > 遺産分割

遺産分割

スポンサード リンク

相続税は、相続発生後でも遺産分割の工夫等により、軽減させることが可能です。

そして、税負担の軽減を考慮して遺産分割する場合、今回の相続税の軽減や納税、相続後の所得税の軽減、次の相続税の軽減を考える必要があります。

今回の相続税の軽減を考えた遺産分割では、配偶者の税額軽減制度を活用したり、自社株や土地の分割取得などを図ります。

今回の相続税の納税を考えた遺産分割では、延納や物納を考慮した遺産分割により、有利な納税方法を選択します。

相続後の所得税の軽減を考えた遺産分割では、相続後の相続人各自の所得税の累進税率を考慮した分割や、遺産相続後に譲渡する場合の譲渡税などを考慮した分割を考えます。

次の相続税の軽減を考えた遺産分割では、今回の相続時に将来値上がりが予想される財産は子が相続し、値上がりしない財産や消費される財産は、配偶者が相続することが基本となります。

最終更新日:2012/11/17