トップページ > 

相続税対策のポイント

スポンサード リンク

相続税対策は、争族対策が最重要課題で、次に納税資金対策を行い、併せて節税対策を行うように組み立てるのがポイントです。

また相続税対策する上で、その資産の所有形態を個人自らが所有するのではなく、同族法人を介して間接所有する方が良いといえます。

なぜなら法人を介して間接所有していれば、資産の値上がり益や含み益については、42%相当額の控除が行われた後の評価額に基づいて、相続税が課税されるからです。

さらに相続税対策は生前対策だけでなく、相続発生後の対策・実行も重要であり、相続発生後の相続税軽減のポイントは、土地の評価と遺産分割の工夫にあります。

ただし節税対策は、毎年税法改法が行われることから、効果的な節税対策も法改正で大きく減殺される可能性があるので、節税重視の対策は賢明な選択とはいえません。

最終更新日:2012/11/17